市場取引の本質で考えよう!

そもそも論であるが、本来の FXブローカーの収益源はスプレッド(手数料)だけでなければならないはずだ。市場取引の世界であるから、注文は FX会社では受けず、市場に直接流されるべきで、間のブローカーは手数料だけを得るのが仕事のはずだ。

よく、国内 FX会社は信じられない狭いスプレッドを提示しているが、スプレッドは客寄せパンダの役割だけで、実際は DD方式の裏側で意図的操作を行って利益をあげないと企業として存続できないのではないだろうか。

市場取引にあって DD方式は本質的に間違った取引方法であると言わざるを得ないだろう。
そういう意味で、取引の信頼性が高い NDD方式を採用する海外FX口座をぜひ開設すべきことは間違いないだろう。

問題は、注文処理方法だ!

FXでのトレーダーからの注文処理には2通りある、国内 FXが採用している「DD方式」と海外 FXが採用している「NDD方式」というものだ。
国内 FXが採用している「DD方式」は問題だ。
この方式は、トレーダーからの注文を FX会社のディーラーが受けて処理してしまうため、トレーダーと FX会社との「相対取引」となることで「利益相反取引」となり得るものだ。ディーラーが受けてしまうため、実際に FX会社がトレーダーが希望した条件に合わせて市場に注文を流しているかがわからなくなり、場合によっては、細工なり意図的な操作ができてしまうのである。
競馬の「ノミ行為」というのを聞いたことがあると思うが、この方式はまさに「ノミ行為」と同じことが出来てしまうのだ。もっと詳しく言うと、馬券を買いたい人(トレーダーに相当)がいて、その人が馬券の購入をある人( FX会社に相当)に頼んだとする、頼まれた人は馬券が当たらない可能性があるから、実際に馬券を購入せず購入代金と手間賃(手数料に相当)を自分のポケットに入れてしまう、これと同じことを、馬券を買ったふりだけして(トレーダーからの注文を市場に流さないで)自分の利益を上げる操作だってできるのが DD方式である。
一方、 NDD方式はディーラーが一切介入せず注文はインターバンク市場にダイレクトに流されるので、 DD方式のような操作は全くできないのである、透明性が極めて高い取引が保証されるのである。

国内 FX業界の問題点は、これだ!

FXのメリット・デメリットについてみてきたが、最終的にどんな口座を選べばいいのだろうか?ということで、日本の口座は運営が怪しい会社が多くあるので、海外の FX口座をおすすめする、とした。
ここで、みなさんが「怪しい」という言葉をどう受け止めるのかが気にかかる。

FX取引を行うトレーダーの視点でいえば、国内ブローカーの「1社1社が怪しい」のか、もちろんそれもあり得る、それとも国内 FX業界の全体として何かしらの「怪しい傾向」でもあるのか、いろいろな受け止め方ができると思う。

答えは、後者である、国内 FX業界全体としての「怪しさ」があるのである。
だから、海外 FX口座を開設して取引を楽しんだ方が良いと申し上げたのである。
何事も、取引というのは相手への信用があって履行されるはずだ。こんな取引条件なら「うちは応じられません、他を当たってください」というレベルならはっきりしていて問題はない、条件がはっきりしているからだ。しかし、国内 FX会社との取引を行う場合、はっきりしない、取引をしていて実際はどうなっているのかを把握できないことが起こるのである。
それは、国内 FX会社における注文処理方法に原因があるのだ。
はっきりしない、把握できない取引とは、なにか細工やら意図的な操作をされてしまうのではないかという疑念が湧く余地がある取引のことである。

FXのデメリット

FXにはメリットだけではなく、デメリットももちろん存在する。
デメリットをしっかり対処することでより安全かつ高額を稼いでいくことができるので、しっかりと把握しよう。
①急激な為替変動の可能性がある
通貨の価格は朝起きる前から仕事中、ご飯中、寝ている間などあらゆる時間の間に変動している。
年に数回は急激な為替変動が訪れることもあり、リスクヘッジをしていない場合はつぎ込んでいる資金が全て解けてしまうことも度々ある。
対処法としては必ずPCの前から離れる場合はストップ注文を入れておくことだ。
個々の価格まで行ったら決済するというのを利益、損益共に注文を出しておく。
そうすれば急激に思わぬ方向に価格が動いた場合も推定の範囲内で損益、あるいは利益を確定することができる。
②金利の変動
通貨の組み合わせによっては持っているだけで金利差の分支払う可能性があり、特にロングポジションの場合は注意が必要だ。
いいところで決済したとしても、想像以上に利益が上がらなかったという声をよく聞く。
③財政危機のリスク
ギリシャのように国の財政自体が危うくなる場合があり、通貨の価値がある発表のあとに急激に下ることがある。
必ず自分の取引している通貨はもちろんのこと、連動して他の通貨に影響がある場合があるので、様々な国のニュースはできるかぎりチェックしておく必要がある。
口座選びのポイント
さて、メリット・デメリットとFXについてみてきたが、最終的にどんな口座を選べばいいのだろうか?
まず一番大切なのは複数の口座を持つことだ。
取引スタイルを複数持ち、リスクヘッジをかけることがFXでは大切だからだ。
また、日本の口座は運営が怪しい会社が多くあるので、海外のFX口座をおすすめする。
比較サイトでしっかりと調べ2,3口座を開くのがいいだろう

FXのメリット②

③株と比較して倒産などのリスクがない
株の取引の場合、会社の急激な収益源などにより、急遽倒産、莫大な損益を生む可能性がある。
しかし、FXは通貨と通貨の取引なので、倒産がない。
ストップ高やストップ安などの値幅制限もないので、売りたくても売れない、逆に買いたくても買えないという状態も起こらないので安心だ。
また、株はまず初めに数千もの銘柄の中から取引する銘柄を選ぶ必要があるが、FXであれば数十種類の中から選べばいいので簡単だ。
④インサイダー取引がない
FXは通貨を取引するので、一般的に公表されていない上がる、下がるといったインサイダー情報がない。
また、取引量が膨大なため、一部の人達が恋に動かすことはほぼ不可能。
東京株式市場の取引量はおよそ2兆円なのに対して、世界中のFXの取引量は350兆を超える。
ゆえに、一部の人達が市場を大きく動かすことができないのである。
FXは20歳上であれば口座開設ができ、レバレッジをきかせれば少額な資金で取引が可能。
そして、24時間取引ができるので忙しサラリーマンや学生などでも簡単に参入できるのがポイントだ。
しかし、メリットがあるものには必ずデメリットがある。
また、実際に取引を開始するにはどんな口座を選べばいいのかなどを次回はご紹介したいと思う。

FXのメリット①

通貨を売買し、その時に価格の差で利益を出すFX。
FXには様々なメリットがあるがその中でも何点か紹介したい。

①24時間取引ができる
何も会社員が24時間働いているので24時間取引できるわけではない。
FXは時差の関係で東京、ロンドン、ニューヨークの順番に取引が移っていくので、24時間取引ができるのだ(土日を除く)
世界中にあるインターバンクを中心が提示する金額を元に取引をするのである。
また、買うということは同時に誰かが売ってくれなければならないのだが、
一般的にはFX業者が買うと同時に売りの注文も出して相殺しているので、買いたい時に買え、売りたい時に売ることができる。

②元手が少額で済む
FXはレバレッジを利かせることによって実際の元手より数倍~数千倍で取引をすることができる。
例えば1万円あれば100万円分通貨を買うことができるのだ。
どうしてそんな高額を使用することができるかというと、
1ドル100円でドルを100万円分、つまり1万ドル買ったとすると元手の1万円分の損益になるのは、
1ドル99円になったときである。
(1万ドル×99円=99万円→100万に対して1万円の損失)
数秒単位で1円が動くことはなく短くても数十秒、数分をかけて価格は動いていくので、1円下がる前に業者が自動的に決済をするようにすればお互い損益が1万円以上でないので、少額の資金で高額を運用することができるのである。